Development for cargo=Cost reduction

グローバル化が叫ばれる昨今、成田国際空港と羽田空港には毎日膨大な数の貨物が集められます。そしてあまり知られていませんが、多くの貨物が両空港の間を往き来しています。これは通関前の貨物であることから、一般的に保税運送と呼ばれています。

トランスウェブでは、この保税運送のパイオニアである株式会社平野ロジスティクス様へ、保税運送に特化した車両を提供しています。

従来保税運送の主役は大型トラックでした。そこへトレーラーを導入することにより、1回の輸送を大型トラックに比べ125%~200%以上の積載効率を確保するとともにCo2を50%以上の削減効率も同時に実現させました。
すでに運行は始まっており、その効率の高さは業界各所から熱い注目を浴びております。

トレーラーをつなぐローラーにより前の荷室にも最後尾から積載可能です

特殊な車両を導入する事により、荷台地上高350mmを実現

専用車両の開発によりコストダウンを可能としました