『ユーラシア大陸横断21日目』

10月8日
Cチーム、走行開始。
イルクーツクから最終目的地、ウラジオストクまで約4000kmの行程。
このルートはモンゴル、中国国境近くを移動する、ロシアの中でも特に過酷なルートです。

イルクーツクスカニアディーラー出発時、スタッフの皆様にエールをもらいました。
「お元気で!運がたくさんありますように!」  9時半出発



昼食は遅めの17時に小籠包、コーヒーを注文。
ここのドライブインにはボルシチはありませんでした。
ロシア文化よりモンゴル、中国文化の影響が強いのでしょう



ウランウデに入る際、重量コントロールの検問にさしかかりました。検問官も興味があるらしく、走行ルートの説明、最終目的地
などを説明、無事通過しました。


明日の目標はチタです。