『ユーラシア大陸横断9日目②』

前回の記事に引き続き、ラトビア共和国出国通関に関してです。
出国ゲートが近づいてきました。

ここから先は写真NGなので残念です。
提出書類に関しては、
・仮ナンバーの書類
・請求書
・CMR 回送運行の書類
・製品の品質保証書類 TUV
・回送依頼書 その他
また必ずパスポート、国際免許、日本の免許は必要となります。
ロシア皆様顔付きは怖いですが皆様親切に教えてくれました。
国は違いますが同じドライバーとして協力してくれます。
友達になった彼らは、モスクワ~ドイツ、オランダ・ロッテルダムをメインに走っているそうです。

実は彼らは昨夜ラトビアで抜きつ抜かれつ同じルートを走ってました。
私達の事覚えていて、今朝真っ先に訪れてロシア語で話しかけてきました。
出国審査を終え、次は入国審査です。
トラックの室内に上がり込み、隅々まで確認をしてその後通関検査となります。

朝10時に並び、終わったのは夜8時でした。
ロシアに入る事の難しさを身にしみて感じました。