『ユーラシア大陸横断』

トランスウェブは 9月20日
Scania S-Line / VanEck General trailer のコンビネーションで 2 units
オランダから日本へ向けてユーラシア大陸を横断いたします。

移動距離は約13000km走行ルートは オランダ、ドイツ、ポーランド、リトアニア、ラトビア、ロシアを横断し、ウラジオストックからDBSフェリーを利用し鳥取の境港港へ入国いたします。

トランスウェブ本社の到着は 10月22日頃を予定しています。

前代未聞の挑戦は、ドライバー不足、厳しい規制、燃料高騰、環境改善の為車両価格のアップなど出口の見えない運送業界に夢のある話題を提供したい。
子供達、夢を忘れかけた大人達に、血が騒ぐような冒険心を共有したい異国のドライバー達と触れ合い、目の前にある問題を解決しながら前へ進みたい創業時から一緒にやってきた仲間たちと前例のない経験をしたい。
行動を起こせばすべて責任が付きまとう世の中で、やりたいことができず躊躇している人達に一歩前へ進める勇気を与えてあげたい。
一見無駄で危険な旅の裏には、出口の見えない運送業の改革を推し進める為の ‘挑戦’という目的があります。

途中、21日 ドイツのHannoverで IAA スカニア特設会場で出発セレモニーを開催予定。
その他 Scania Russia 主催の特別イベントにも数か所立ち寄る予定です。

写真は出発前の最終ミーティング様子です。